スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女共同参画に対する意見の紹介

男女共同参画に対する批判があちこちから噴出しています。
今回はその一部を紹介させていただきます。
統計、経済論、法律論を駆使し、論理的に主張すれば周りを黙らせることができます。
(あくまで他の方の意見であり、この件についてはお答えしかねます。)

以下紹介
意見その1

女性は優遇を得ることしか考えていない。
しかしもっと醜いのは、どんなに自分が汚いことを企図していても、
男性なら素直に「自分は悪人だ」と認めるのだが、
女性と言うのは、自分が汚いことをしていることすら、
裏では分かっていながら表面を美しく糊塗したがることだ。

女性の、「女は専業主婦になるべき」と言う意見が急激に増えたと言う。
皆さんとっくにお気づきのようだが、これは別に思想的に
女は社会進出を一切やめて、子供3人産んで
日本全体で国を豊かにしようだとか、
そんな女の責任感や、母親としての役目を感じてなどでは断じてない。
ただ楽をしたいだけなのだ。ニートにすぎない。
ところがこれも、美しく肯定的に報道される。女性の議論を見ても分かるが、
男性には無職だの童貞だの、彼女いない歴だのニートだの、ひきこもりだのと
レッテルを張り、相手にだけは社会的地位を平気で求めるが、
自分たちには決して言いあわないし求めさせない。
自分たちには事実でも悪く言われることは耐えられない。
だから、自分たちの薄汚い根性を美しくロンダリングするために、
表面上さも「女性が女の責任を負うべき」と考えでもしたかのように、
常に意見を美化させる。そしてマスメディアもそれに追従し、
女性の意見は常に良く解釈して嘘を流し、男性の伝え方のように
厳しい批判を伴って真実を伝えることをしなくなった。女性におもねっているのだ。
もし仮に男性が、「男性も専業主夫をしたい」と言う人が増えたと言う調査結果が出たとしたら、
「男性が女性の社会進出に理解を示し、自分がその道を譲る
寛容な考え方になった」などと言う表現には絶対にならない。
「頼りない、甲斐性ない、寄生虫根性、ニート願望、ヒモになろうとしてる」などと罵詈雑言を浴びせかける。
主婦に対する社会の本音の評価が、ここぞとばかりにあれよあれよと出てくる。
男性に対しては人権意識が皆無だからだ。
本心どころか、過剰に悪く言われるケースも多い。
こういったことが、女性には絶対にないのだ。
常に自分たちのグロテスクで身勝手で卑怯なものの考え方を、美しく美化して
異性や社会に褒められながら、極めて楽なおいしいポジションを得ようとするのだ。



その2

10年前、20年前に比べて、外の労働条件は厳しくなり、給与水準が低下した。
一方、家庭では、ウルサイ姑は減り、家事育児に協力的で無い男性も減った。

家庭内暴力なんか振るおうものなら、行政と司法(警察・裁判官)が全面バックアップし、
男も将来を奪うレベルでガッポリ慰謝料をむしり取れるようになった。

相対比較で、家庭に入る方がマシな選択肢になった。

外の労働条件悪化の要因も、OA・FA化で労働需要が減っているのに、男女共同参画で
労働供給が急増した為に、労働単価が値崩れを起こした影響が大きい。

男女共同参画推進で笑ったのが、

・利権の増えたお役人
・従順な労働者だけを選別し放題になった企業経営者

だけで、当の女性たちがむしろ泣く結果になったのは残念。


その3

1.男女平等的社会は、出生率を大幅に押し下げる

2.男女平等社会が、出生率を押し下げる事実を嘘だと、男女共同参画団体
が公表する資料は、該当する国の 元からの国民/移民 比 それぞれの出生率
の計算をあえてスルーして誤魔化している

3.中間層の崩壊を起こす政策の一環である男女平等という宗教で得をするのは、
富裕層家庭出身の若い女性のみであることが世界的に既に証明されている。特に
出生率を押し下げる原因の若者の貧困を解消しない事には、富裕層出身の高学歴
女性専用の育児施設の拡充や、女性が出産しても出世にマイナスにならない女優
遇策をとっても、出生率が上がる訳がない。むしろ男女平等という人類史上の失
敗実験の結果生み出された彼女たちの存在自体が、少子化の原因である。


※あくまでフェミニズムの影響下におかれている女性やフェミニズムを信奉・実践している組織、男女を批判しているものであり、女性一般までを批判しているものではありません。
※多くの方が反男女共同参画、反男性差別、反フェミニズムの運動に加わっているところです。ともに立ち上がり、男性差別のない社会を目指してがんばりましょう。ご協力をお願いいたします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

女性が主婦になって家庭を守ろうとするのはよいことです。
それを批判するのはフェミですよ。

No title


あと、主夫を肯定するのもジェンフリ=フェミですよね。
仮定の話に対してあれこれ言うのもなんですが、↓は思いっきりジェンフリですよ。

>もし仮に男性が、「男性も専業主夫をしたい」と言う人が増えたと言う調査>結果が出たとしたら、
>「男性が女性の社会進出に理解を示し、自分がその道を譲る
>寛容な考え方になった」などと言う表現には絶対にならない。


下に引用する文章のうち、
「果たして削ぎ取られたのかは、わが身に照らしてみればわかること。メイコウの言うことは、もっともなのですが、少なくとも、フェミニズムのせいではないでしょう。男女の関係が多様化したことによるものです。」
というところだけは納得いかなかったのだが、最近は半分程度は同意できるようになってきた。

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-73.html
ただし、気をつけなければならないのは、「彼ら」はとっくにこのことを自覚しているので、偽の希望を私たちに仕掛けます。
それがオバマの「核廃絶」であり、男女共同参画・ジェンダーフリーだったりするのです。
これは希望などではありません。
男性と女性は、最初からまったく役割が違うのです。そのように神が創ったからです。
「平等の誤謬」という罠をしかけ、本来、神から与えられた男女の素晴らしき「差異」から目をそらそうとする姦計に他なりません。これは確実に希望と見せかけた破滅への罠です。

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-210.html
彼の主張テーマの一つである、「フェミニズムというものが、今のモラルの崩れた社会を生み出した」という説、そして、同性愛者への批難。
“女性の社会進出と、男女平等の思想が、女性たち本来の性質を変えてしまった。 ひいては、それが家族や社会の崩壊を生み、さらに、人間社会の基本単位であるはずの「核家族」というエレメントが消失されつつある。フェミニズムの考えは、この基本的な家族というものを壊させる。そして、それにより、男性の役割も変わってきてしまっている”
ということを彼は主張しているのですが、捉え方によっては、この考え方は、男尊女卑だ、と見る批判的な読者もいるよう。
つまりは、天が与えてくれた男性としての強さを削ぎ取ること、これがイルミナティの陰謀の要諦だ、と。果たして削ぎ取られたのかは、わが身に照らしてみればわかること。メイコウの言うことは、もっともなのですが、少なくとも、フェミニズムのせいではないでしょう。男女の関係が多様化したことによるものです。


以上、↓の記事とレスを読んで感じたことをざっと。

【社会】”ニート婚”に妻が幸せを感じるワケ…今、稼ぎがなくても、生活力がある夫を選ぶ女性が急増
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1370637764/

No title

http://nihonngasuki.seesaa.net/article/303694513.html#comment
>カナメ at 2012年11月25日 23:26

↑のリンク先のコメントを読んだら、つくづく女ってのは都合の良い生き物だと思いましたね。
以下、私のコメント。

>いざという時女性を守るのは男性の役目
>体力などは明らかに男性の方が上

なんともまあムシの良い話だこと。あんたみたいなのをな、我々の間じゃ「腐れフェミ」っていうんだよ。女の良いとこ取り。ダブスタ。欧米の本場のフェミ(筋金入りの気違い)にも笑われてる、甘ったれフェミだよ。
あんたが自分の身の振り方についてどうしようと、そりゃ勿論あんたの自由だよ。社会進出するもよし、男と対等に張り合うもよしだ。だが、あんたの事情に男を巻き込まないでくれるかな?(笑) あんたが主張できるのは自分(女)の権利だけであって、他人(男)に対して義務を強制する権利はないんだよ?
あんたにとっては、男なんてものには近衛兵か下男くらいの価値しかないんだろうな。あのさ、普通の男は、何も男としてのアイデンティティやプライドが筋肉に凝縮されているってわけじゃないの。例外はスポーツ選手くらいだろうから、そういうのと結婚できるようにせいぜい頑張りな。

>すっこんでろ!
>邪険にする

何十万何百万といる男性失業者にしてみれば、女が疎ましくなるのは当然なんじゃないの? 世間では男性不況と言われるように失業率はこのところずっと男の方が高く、一方で求人はぱっと見た感じ女の方が多い。大卒の内定率は女が上回り、30歳以下の年収でも女が追い抜いた(尤もこの調査には信憑性に大いに疑問があると思っているが)。
にも拘らず、ポジティブアクションやらクオーターやらで職場(それも3Kを除いて)に更に女を捻じ込もうってんだから、男にとっては女なんてもう単なるお邪魔虫でしかないだろ。それどころか安倍も自民も政府も、男のことなんかてんで顧みずに打っちゃっておいて、勝手に自分たちだけで「女性の活躍で日本が元気になる!」などと盛り上がっている始末なんだからな。こうして国・企業・社会とみんながグルになって自分たちを蔑ろにし、疎んじ始めたら、男にしてみたらそりゃ気分の良い筈はないわな。
言わば男はこのフェミ社会やフェミ女どもの被害者であって、その反動で「女嫌い」が増えているに過ぎないのに、それをもって男尊女卑だの女性蔑視だのとは全くよく言えたものだよ。盗人猛々しいとはまさにこのことだわ。

>例え外で働かずとも家事をして主人を支える主婦はそれだけで権利が与えられてもいい筈

あんたは男女同権がお望みで、「女はすっこんでろ!」と言う男に反発を覚えるらしいが、その一方で主婦を肯定するのは矛盾しているように見えるんだけど? だって、「主婦はそれだけで権利が与えられてもいい」とは言うけどさ、主婦だろうが何だろうがこの国では既に男女平等な人権が憲法により保障されているし、婚姻制度について言えば夫よりも妻の方により多くの権利と保護が与えられていると主張する者もいるくらいなんだよ。つまり男女同権は既に実現しているわけ。とすれば、あなたの言う男女同権とは男女平等に社会で働く権利ということ以外にはないことになるじゃないか。何しろ、この国ではまだ多くの女が主婦として家の中に「すっこんでる」んだからなあ(笑)。
とは言えだ、まあ、あんたの言いたいことは要するにこういうことだろ、「女は家にいるべきという決め付けがおかしいのであって、女性には自分の意思で選択する権利がある!」ってんだろ? 何にせよ男から押し付けられるのに我慢できないだけなんだろ?
ネットを見ていても思うけどさ、最近こういうのって本当に多いんだよね。男と対等であることにネチネチと拘ってる「跳ねっ返り」がね。とことん可愛くないわ。職場では「男なんかに負けない!」と我々に対して火のような敵意を燃やし、散々楯突いておきながら、結局は何食わぬ顔で主婦に納まろうとするんだからなあ、ムシが良いのにもほどがあるってもんだよ。
さっきから家のぐるりを野良猫がうろついていてニャンニャンやってるんだが、お前ら女はまるで猫と同じだよな。普段はからっきしの薄情者のくせに、保護を求めてノコノコと家の中に入り込み、その上、閨ではコロリと引っ繰り返って憐れっぽい鳴き声を上げて甘えかかるんだよ。本当に卑しい生き物だよ。そして男はみんな、あの愛くるしい見た目に騙されるんだからなあ。まるっきり猫だよ、女ってのは、性悪猫だな、ありゃ。

>私はちょっと逆にも考えてみました~

最近、「平和時では男より女の方が優秀」と豪語する女をネットのあちこちで見かけるが、あんたもそのクチかな? それで、「いざという時女性を守るのは男性の役目」というのは随分と都合が良すぎるんじゃないの? 散々コケにしておいてさ。ちょっとあなた、それはないんじゃないの?
それにしても東南アジアにひどくご執心のご様子だが、あなたはそんなにジゴロを抱え込みたいんですかあ?(笑) だってほら、東南アジアのとある国の実態は以下のリンク先にあるとおりですよ? あ、そういえばトマス・モアの「ユートピア」の中に、「女が働いている国では、往々にして男は怠けている」という記述があったな。どうもこれは真理のようだね、女が働くようになれば男はサボり始めるってのは(笑)。
http://ameblo.jp/d-hukkenn/entry-11565207109.html
>フィリピンが8位~
プロフィール

banabanabo

Author:banabanabo
男性差別反対
男女共同参画反対
女性優遇反対
男女共同参画社会、男女共同参画計画は、問題だらけであり、憲法第11条(基本的人権の享有違反)、12条(女性の権利の濫用)、13条(幸福追求権違反、家庭を持つ権利の侵害、女性の自己決定権・生む権利・性的自由の濫用)、14条(平等原則違反、比例原則違反)、15条(公務員選定・罷免権の侵害)、18条(奴隷的拘束・苦役からの自由の侵害)、19条(思想・良心の自由の侵害)、20条(宗教の自由の侵害)、21条(表現・言論の自由の侵害、報道・放送・取材の自由の濫用、国民・父親の知る権利の侵害、メディアへのアクセス権の侵害、事前抑制の原則的禁止違反、明確性の原則違反)、22条(男性の職業選択の自由の侵害、営業の自由の侵害)、23条(学問・集会・結社の自由の濫用)、24条(両性の平等違反、父親の面接交渉権の侵害)、25条(男性・胎児の生存権の侵害)、26条(教育を受ける権利の侵害、教育権の濫用)、27条(勤労義務違反)、29条(男性の財産権、年金受給権の侵害)、30条(納税義務違反)、31条(適正手続きの保障違反)、32条(裁判を受ける権利の侵害)、37条(刑事被告人の公平な裁判を受ける権利の侵害)、38条(不利益供述の不強要・自白の証拠能力違反)、39条(二重処罰の禁止違反)、44条(選挙人の資格違反)、97条(基本的人権の本質違反)、98条(憲法の最高法規性違反)、94条(条例制定権違反)99条(公務員の憲法尊重擁護義務違反)に違反し、民法(信義則違反、禁反言の法理違反、公序良俗違反、不法行為)、刑法(疑わしきは被告人の利益にの原則違反、罪刑均衡の原則違反、罪刑法定主義違反、明確性の原則違反、詐欺罪、威力業務妨害罪)、刑事訴訟法(捜査権・逮捕権・公訴権の濫用)、行政法(説明責任違反、適正手続き違反、重大明白な瑕疵、裁量権の濫用、職務怠慢、行政監査・行政評価の機能不全、違法な公金支出、行政コストの際限なき増大)、労働法(男女雇用機会均等法違反)、会社法(コンプライアンス違反、企業の社会的責任違反、内部統制違反)、国際法(世界人権宣言違反(全30条中24の条項に違反(違反率80%))、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約違反、市民的及び政治的権利に関する国際規約違反、児童の権利に関する条約違反)にも違反し、経済原則(税の公平性・中立性違反、経済活動の自由の侵害、不適正な資源配分・人員配置、利潤最大化・費用最小化に逆行、国内市場の縮小)、国際協調(外交問題、対外イメージの悪化)、自然の摂理(生物学的性差の否定、非婚・晩婚による少子化、高齢出産による奇形児、女嫌い(ミソジニー)、女性恐怖症(ジノフォビア)、異性に無関心)
にも反しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。