スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚ビジネスの構図について

子供3人を弁護士と妻によって引き離されて会わせてもらえない状態が続いている同士から拡散希望がありましたので改めて掲載させていただきます。この問題はさらに掘り下げて考えていく必要がありそうです。ともにがんばりましょう。

以下転送

弁護士が法テラスとNPO法人を抱きこんだ離婚ビジネスの構図 - 弁護士と闘う - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/32795692.html

弁護士と闘う
弁護士の懲戒処分を公開しています

弁護士が法テラスとNPO法人を抱きこんだ離婚ビジネスの構図
2011/8/14(日) 午前 11:37

先日兵庫県弁護士会の弁護士が詐欺等で刑事告訴され、提出を受け県警は告訴告発状を受理しました。
本来はDVに会っている気の毒な女性のためにあるNPO法人 本来は経済的に貧しい人のためにある法テラス
これを不正利用したのが弁護士です 。そして、ここでは夫をDVでっち上げにするという証拠もないことを有力な
証拠として偽造するのもNPO法人の役目となっています。気の毒な女性のために作られた組織を悪用する弁護士は許せません 。法テラスやNPO法人まで自分の金儲けに利用するのです
図式の説明
① 離婚などで相談したい女性は各地の女性センターや法テラスに行きます
      ↓
② 法テラスでは提携しているNPO法人を紹介します
      ↓
③ 女性は法テラスが紹介するNPO法人に行きます
      ↓
④ NPOは女性の相談を受けます。預金があれば解約させます
      (法テラスの法律扶助の基準に満たすようにするため)
      ↓   
⑤ NPOは女性に子供を連れて来いといいます
     (今の日本では先にさらった方が親権を取れます)
      ↓
⑥ NPOから法テラスの弁護士のところに行かせ法テラスの法律扶助付の
  委任契約を結びます
      ↓
⑦ NPOの用意したシェルターに連れていかれます
     (この時には夫がDV加害者であるというストーリーができています
      夫の暴力から逃れたという事実が必要です)
       ↓
⑧ NPOが用意したシェルターを遠方に移動させます
   夫が捜しに来ているといい場所を変えます
     (NPOも別のNPOと連携しています。シェルターや付添いは有料です)
        ↓
⑨ 法テラスで受任した弁護士が離婚調停などを始めます
   妻はDVの被害者であり今は避難している。子供の親権、養育費
   慰謝料を妻にと求めます。家裁は半年も逃げているならと妻側の
   主張に沿った方向で和解にしていきます
        ↓
⑩ DVでっち上げられても夫は子供に会えるならと離婚に応じます
        ↓
⑪ 調停や裁判終了後、妻や弁護士は夫に子供を会す約束は守りません
  子供が父親に会うとDVでっち上げがバレルからです

以上のような構図で妻も夫もベルトコンベアーのように運ばれて離婚になります。弁護士が作ったDV離婚解決マニュアルです。相手の人権や子供が父親に会いたいという気持ちさえ無視するのはほんとうの人権団体、女性団体ではないでしょう。弁護士が自分の商売のために作ったニセ女性団体ではないのか
重要なことは
① 法テラスの弁護士とNPO法人の理事である弁護士は同じ弁護士である
  NPO法人をうまく利用している弁護士がいる 
② 法テラスはNPO法人と提携しているというが預金解約させたり法テラスの
  基準を満たすために詐欺的行為を知っていたのかどうか

つまり法テラスは弁護士らと組んで多くのDVでっち上げ被害者や法テラスの悪用を知っていたかどうか、法テラスは被害者の立場なのか弁護士と組んだ共同正犯なのかです。
私らが兵庫県法テラスで調査した時にはNPO法人とは提携しているとはっきり言いました。そしてビラを見せてくれましたがそこにはNPO法人の住所が書いてないではないかと法テラスに言うと、住所を書けば夫が妻や子どもを取りにくるからだと言いました。法テラスは知っているのです。NPOが弁護士の手先となり子供連れ去りをやることを・・・
また、事件を受任した書類を見せてくれと法テラスの幹部職員に言うと法テラスが受任した書類は1年で溶解した。つまり焼却処分したとも言いました。国の機関が1年で書面を焼却はあり得ません。会計検査院などの検査はどうするのでしょうか。
さて、いわば国の機関である法テラスが不正に加担したとは言いませんが現在東京の本部にも調査依頼を出しました。ただ今調査中ですと1回返事がありました。そして法務省法制局にも事実経過を報告してあります
何度も言いますが 、本来、DVで悩んでいる女性を助けるのが法テラスやNPO法人そして弁護士の仕事ではないのか!
しかし、それを金儲けシステムに利用して夫をDVでっち上げして多くの子供に会えない父親(母親)を産み出しているのが法テラスの弁護士の実態ではないか!
   兵庫県法テラスの相談席にあるNPO法人の案内書は
   名刺サイズのものです。
   名刺サイズは2つありますが同じNPO法人です
   他のパンフは国の発行したものです
   兵庫県法テラスはこのNPO法人のものしかありません


※あくまでフェミニズムの影響下におかれている女性やフェミニズムを信奉・実践している組織、男女を批判しているものであり、女性一般までを批判しているものではありません。
※多くの方が反男女共同参画、反男性差別、反フェミニズムの運動に加わっているところです。ともに立ち上がり、男性差別のない社会を目指してがんばりましょう。ご協力をお願いいたします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

banabanabo

Author:banabanabo
男性差別反対
男女共同参画反対
女性優遇反対
男女共同参画社会、男女共同参画計画は、問題だらけであり、憲法第11条(基本的人権の享有違反)、12条(女性の権利の濫用)、13条(幸福追求権違反、家庭を持つ権利の侵害、女性の自己決定権・生む権利・性的自由の濫用)、14条(平等原則違反、比例原則違反)、15条(公務員選定・罷免権の侵害)、18条(奴隷的拘束・苦役からの自由の侵害)、19条(思想・良心の自由の侵害)、20条(宗教の自由の侵害)、21条(表現・言論の自由の侵害、報道・放送・取材の自由の濫用、国民・父親の知る権利の侵害、メディアへのアクセス権の侵害、事前抑制の原則的禁止違反、明確性の原則違反)、22条(男性の職業選択の自由の侵害、営業の自由の侵害)、23条(学問・集会・結社の自由の濫用)、24条(両性の平等違反、父親の面接交渉権の侵害)、25条(男性・胎児の生存権の侵害)、26条(教育を受ける権利の侵害、教育権の濫用)、27条(勤労義務違反)、29条(男性の財産権、年金受給権の侵害)、30条(納税義務違反)、31条(適正手続きの保障違反)、32条(裁判を受ける権利の侵害)、37条(刑事被告人の公平な裁判を受ける権利の侵害)、38条(不利益供述の不強要・自白の証拠能力違反)、39条(二重処罰の禁止違反)、44条(選挙人の資格違反)、97条(基本的人権の本質違反)、98条(憲法の最高法規性違反)、94条(条例制定権違反)99条(公務員の憲法尊重擁護義務違反)に違反し、民法(信義則違反、禁反言の法理違反、公序良俗違反、不法行為)、刑法(疑わしきは被告人の利益にの原則違反、罪刑均衡の原則違反、罪刑法定主義違反、明確性の原則違反、詐欺罪、威力業務妨害罪)、刑事訴訟法(捜査権・逮捕権・公訴権の濫用)、行政法(説明責任違反、適正手続き違反、重大明白な瑕疵、裁量権の濫用、職務怠慢、行政監査・行政評価の機能不全、違法な公金支出、行政コストの際限なき増大)、労働法(男女雇用機会均等法違反)、会社法(コンプライアンス違反、企業の社会的責任違反、内部統制違反)、国際法(世界人権宣言違反(全30条中24の条項に違反(違反率80%))、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約違反、市民的及び政治的権利に関する国際規約違反、児童の権利に関する条約違反)にも違反し、経済原則(税の公平性・中立性違反、経済活動の自由の侵害、不適正な資源配分・人員配置、利潤最大化・費用最小化に逆行、国内市場の縮小)、国際協調(外交問題、対外イメージの悪化)、自然の摂理(生物学的性差の否定、非婚・晩婚による少子化、高齢出産による奇形児、女嫌い(ミソジニー)、女性恐怖症(ジノフォビア)、異性に無関心)
にも反しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。