スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害弱者の女性

“災害弱者 女性守る”決議案提出へ
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120218/k10013115981000....
東日本大震災からまもなく1年となるなか、女性の地位向上に向けた課題を協議する国連の委員会で、日本は、いわゆる災害弱者となるおそれがある女性を守ることの重要性をうたった決議案を提出することになりました。

国連は、毎年、女性の地位向上に向けた課題を協議する「女性の地位委員会」を開催していて、ことしは今月27日から始まります。これについて、西田国連大使は、17日、記者会見で、東日本大震災からまもなく1年となることも踏まえて、大災害が起きた時の女性の権利についての決議案を委員会に提出することを明らかにしました。
決議案には、いわゆる災害弱者となるおそれがある女性を守ることの重要性や防災計画を立てる段階から女性の知見を生かすこと、それに災害の教訓を国際的に共有し、特に社会基盤がぜい弱な国にノウハウを移転することなどが柱になる見込みで、すでに関係各国との調整に入っているということです。
西田大使は「去年の大震災の経験も踏まえながら、災害への対応や復興で女性が果たす役割について国際的な議論が進むのは有意義なことだ」と述べ、決議案の意義を強調しました。

以上引用
これに対し、案の定インターネット上では普段は男女平等と言っておきながら、非常時には差別するのかと非難が相次いでいました。それらに対し、女性と思われる人から下記の意見がありました。いかに男性を蔑視・敵視しているかがわかります。(そもそも、この記事の内容と関係ありません。)このような考え方をしている人が少なからず男女共同参画行政に携わり、男女共同参画を支持し、男性への迫害を平然と行っていると考えられます。女性への悪口は大げさに取り上げられ、規制しようとしたり、男性一般を野蛮な人間だと勘違いする人がいますが、逆の場合は当局に取り上げられることはありません。
以下引用

思うんだけど、少子化対策として、一夫多妻制を導入させてはどうだろう?

年収1000万未満の貧しいフリーターや派遣・契約の貧乏男に、
結婚して子供をもうけろ、というのは酷な感じがする。

だから、貧乏男には結婚や子供を諦めてもらう代わりに、
金持ち男に一夫多妻を認めればいいと思う。
それが格差社会にふさわしい少子化対策だろう。
それに女性としても、妥協せずに結婚できる機会が増えていい。

同時に、ブサイク男には去勢手術を施してはどうだろうか?
ブサイク男なんて結婚できないから、睾丸は付いていても意味がない。
子供にブサイク遺伝子を引き継がれるのも可哀想だしね。

それにニートやフリーターや派遣・契約といった貧乏男や、
女性に縁の無いブサイク男は得てして犯罪に走りがちだけど、
去勢すれば性犯罪や痴漢対策にもなって、治安の回復にもなるだろう。


日本人の男はみんなキモオタ化してるからね。
自立心がない奴が多い。
もうとっくに成人してるのに実家に同居でママンにオンブに抱っこ(笑)
当然彼女もできない。で、それを女のせいにしてる。
最後はキモオタがキモオタ向けに作った二次元世界へ逃げ込んだり、
反撃される危険のないネットで誹謗中傷して憂さ晴らしの日々(笑)
で、ある日気づけば三十路で実家住まいのフリーター男(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

banabanabo

Author:banabanabo
男性差別反対
男女共同参画反対
女性優遇反対
男女共同参画社会、男女共同参画計画は、問題だらけであり、憲法第11条(基本的人権の享有違反)、12条(女性の権利の濫用)、13条(幸福追求権違反、家庭を持つ権利の侵害、女性の自己決定権・生む権利・性的自由の濫用)、14条(平等原則違反、比例原則違反)、15条(公務員選定・罷免権の侵害)、18条(奴隷的拘束・苦役からの自由の侵害)、19条(思想・良心の自由の侵害)、20条(宗教の自由の侵害)、21条(表現・言論の自由の侵害、報道・放送・取材の自由の濫用、国民・父親の知る権利の侵害、メディアへのアクセス権の侵害、事前抑制の原則的禁止違反、明確性の原則違反)、22条(男性の職業選択の自由の侵害、営業の自由の侵害)、23条(学問・集会・結社の自由の濫用)、24条(両性の平等違反、父親の面接交渉権の侵害)、25条(男性・胎児の生存権の侵害)、26条(教育を受ける権利の侵害、教育権の濫用)、27条(勤労義務違反)、29条(男性の財産権、年金受給権の侵害)、30条(納税義務違反)、31条(適正手続きの保障違反)、32条(裁判を受ける権利の侵害)、37条(刑事被告人の公平な裁判を受ける権利の侵害)、38条(不利益供述の不強要・自白の証拠能力違反)、39条(二重処罰の禁止違反)、44条(選挙人の資格違反)、97条(基本的人権の本質違反)、98条(憲法の最高法規性違反)、94条(条例制定権違反)99条(公務員の憲法尊重擁護義務違反)に違反し、民法(信義則違反、禁反言の法理違反、公序良俗違反、不法行為)、刑法(疑わしきは被告人の利益にの原則違反、罪刑均衡の原則違反、罪刑法定主義違反、明確性の原則違反、詐欺罪、威力業務妨害罪)、刑事訴訟法(捜査権・逮捕権・公訴権の濫用)、行政法(説明責任違反、適正手続き違反、重大明白な瑕疵、裁量権の濫用、職務怠慢、行政監査・行政評価の機能不全、違法な公金支出、行政コストの際限なき増大)、労働法(男女雇用機会均等法違反)、会社法(コンプライアンス違反、企業の社会的責任違反、内部統制違反)、国際法(世界人権宣言違反(全30条中24の条項に違反(違反率80%))、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約違反、市民的及び政治的権利に関する国際規約違反、児童の権利に関する条約違反)にも違反し、経済原則(税の公平性・中立性違反、経済活動の自由の侵害、不適正な資源配分・人員配置、利潤最大化・費用最小化に逆行、国内市場の縮小)、国際協調(外交問題、対外イメージの悪化)、自然の摂理(生物学的性差の否定、非婚・晩婚による少子化、高齢出産による奇形児、女嫌い(ミソジニー)、女性恐怖症(ジノフォビア)、異性に無関心)
にも反しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。