スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反フェミニズム国際組織

反フェミニズム海外、国際組織との連携を模索
男女共同参画社会の影響下のマスコミは、フェミニズム運動の海外の成功事例、外圧を誇張して伝えるが、海外の失敗事例、反対運動は伝えようとしない。
海外では、スウェーデンのMen’s Network、フィンランドのMen’s equality in Finland、 Green party’s men’s movement、ポーランドのporozumienie rawskie、アメリカのNational Coalition for Men (NCFM、国際的な組織でもある。) (http://ncfm.org/)
等の反フェミニズムの活動が行われている。

それらの団体の意見の中には、「子供を最も沢山殺しているのは、母親である。フェミニストが女性に対して行っていることは、ナチスがドイツ人に対して行ったことと同じである。女性は解放されて惨めになった。男性差別を避けるために男性は結婚を諦め、子供を持たない方がよい。ジェンダーイクオリティは男性排除の女性中心主義に他ならない。女性団体の乱立と暴走は、チャンスである。スウェーデンはフェミニズム、男性差別の国。スウェーデンの法律で唯一差別されているグループは男性である。」
等があった。

また、北欧等におけるDV産業の成立(父親を子供から引き離し、男性だけを容疑者扱いにするビジネス)、家庭崩壊、非婚・離婚増(スウェーデンの離婚率は約50%、移民の婚姻率が高く、白人の離婚率が高い)、少子化、移民増加、犯罪増加、極右政党の台頭。アメリカにおける低スキル・低学歴の男性に対する家庭・社会・国家のセーフティネットの欠如、見捨てられた男性の長期失業、犯罪増による社会的コストの増大・経済停滞、白人の人口停滞によりニューヨーク等一部地域で白人が少数派に転落・18歳以下に占める白人の割合は全体の54%にまで低下し、全体でも64%にまで低下。(2000年から2010年間の白人の増加率はわずか1.2%(合計1億9600万人)、ヒスパニック(5000万人)とアジア系(1400万人)は43%増加、黒人(3700万人)は11%増加し、非白人の合計は1億1100万人と29%増加。)

等日本以上にフェミニズムの深刻な影響が出ている。日本も欧米の二の舞にならないよう(既になっていますが)、各国、国際の反フェミニズム団体の運動が参考になるのではないかと考えています。

NCFMの活動は、参考になるかもしれません。下記の内容の記事がNCFMのWEBで掲載されています。
NCFMは、アメリカ、オーストラリア、インドに支部を持つ国際組織で欧米を中心にかなりの支持者がいます。
数々の男性差別事件で勝訴していることは大いに勇気づけられます。

NCFMがサンフランシスコウィークリーで記事を掲載 2011.7.1
サンディエゴDV会議の利用ガイドを父親向けに発行 2011.6.27
NCFMがマイアミヘラルドで記事を掲載 2011.6.24
NCFMが男性の地位に関する委員会協賛の第一父の日エッセーコンテストの組織化を支援 2011.6.23
NCFMが寿命と男性の健康に関する新聞記事に関して手紙を送付 2011.6.14
米国最高裁が男性は劣っていると決定 2011.6.14
NCFM会員らが人権侵害で裁判官を提訴 2011.6.13
同意なしに家裁に子供を引き離された父親を保護 2011.6.13
ペニス以外にペニスを指す単語の数は174個 2011.6.8
なぜ、現代のフェミニズムは非論理的、不必要で邪悪なのか 2011.5.24
うそをつくのは女性の特権 2011.5.24
NCFMがスウェーデンでNCFM憲章の設立を模索 2011.5.24
女性による暴力を止めろ 2011.5.29
男性敵視のメディアの偏見 2011.5.12
大卒女性の方が男性大卒より多い 2011.4.28
増え続けるホームレス男性の健康について 2011.4.25
世界の男性の権利運動 2011.4.15
男性のレイプ被害者 2011.4.15
迫害される男性達の作者が大学で講演 2011.4.13
オーストラリアのDV啓発広告では白人男性が悪者として描かれている 2011.4.12
女性の賃金が低いのは差別のためではない 2011.4.12
DVの源泉 2011.4.11
女性専用スポーツジムが違法とのカリフォルニア州裁の決定にNCFMが重要な役割を果たした 2011.4.11
レイプ容疑がでっちあげだった 2011.4.8
フェミニスト歌舞伎公演 2011.4.8
NCFMが女性以上に男性に使用料を要求するYMCAに手紙を送付 2011.4.4
NCFMが女性だけ無料のイベントに抗議 2011.3.31
NCFMが検察官の不当な取り扱いに提訴 2011.3.30
DVの法令で男性は後付け 2011.3.29
NCFMが女性研究とのバランスから男性研究を推進 2011.3.21
NCFMがNFLに抗議 2011.2.4
NCFMが男性だけ入場料を取る性差別事件に勝訴 2011.1.25
NCFMが女性の日を健康、幸福、知恵の日に改名させた 2011.1.20
イリノイ州の少年院の若者の95%が女性従業員から性的被害を受けていた 2011.1.20
なぜ男性は女性と同等の価値がないのか 2010.12.16
スコットランド議会が男性へのDVを議論中 2010.6.17
ANAの女性専用化粧室がNCFMの抗議を受け、見直しを余儀なくされた 2010.2.28
殴られた男性は予算削減でさらに傷ついた 2009.8.11
NCFMがDV被害者男性が州の支援を受けられないことなどについて、勝訴 2008.10.16
NCFM代表が女性の地位に関するカリフォルニア州委員会で証言 2008.6.27
ハーバード大学スポーツジムの女性専用時間帯 2008.3.6
NCFMが反男性差別の集団訴訟で勝訴 2008.2.28
NCFMが奴隷労働の禁止で健常な男性を除外していることに抗議 2008.2.19
NCFMが大学のジェンダー論の授業で講演 2007.11.22
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

banabanabo

Author:banabanabo
男性差別反対
男女共同参画反対
女性優遇反対
男女共同参画社会、男女共同参画計画は、問題だらけであり、憲法第11条(基本的人権の享有違反)、12条(女性の権利の濫用)、13条(幸福追求権違反、家庭を持つ権利の侵害、女性の自己決定権・生む権利・性的自由の濫用)、14条(平等原則違反、比例原則違反)、15条(公務員選定・罷免権の侵害)、18条(奴隷的拘束・苦役からの自由の侵害)、19条(思想・良心の自由の侵害)、20条(宗教の自由の侵害)、21条(表現・言論の自由の侵害、報道・放送・取材の自由の濫用、国民・父親の知る権利の侵害、メディアへのアクセス権の侵害、事前抑制の原則的禁止違反、明確性の原則違反)、22条(男性の職業選択の自由の侵害、営業の自由の侵害)、23条(学問・集会・結社の自由の濫用)、24条(両性の平等違反、父親の面接交渉権の侵害)、25条(男性・胎児の生存権の侵害)、26条(教育を受ける権利の侵害、教育権の濫用)、27条(勤労義務違反)、29条(男性の財産権、年金受給権の侵害)、30条(納税義務違反)、31条(適正手続きの保障違反)、32条(裁判を受ける権利の侵害)、37条(刑事被告人の公平な裁判を受ける権利の侵害)、38条(不利益供述の不強要・自白の証拠能力違反)、39条(二重処罰の禁止違反)、44条(選挙人の資格違反)、97条(基本的人権の本質違反)、98条(憲法の最高法規性違反)、94条(条例制定権違反)99条(公務員の憲法尊重擁護義務違反)に違反し、民法(信義則違反、禁反言の法理違反、公序良俗違反、不法行為)、刑法(疑わしきは被告人の利益にの原則違反、罪刑均衡の原則違反、罪刑法定主義違反、明確性の原則違反、詐欺罪、威力業務妨害罪)、刑事訴訟法(捜査権・逮捕権・公訴権の濫用)、行政法(説明責任違反、適正手続き違反、重大明白な瑕疵、裁量権の濫用、職務怠慢、行政監査・行政評価の機能不全、違法な公金支出、行政コストの際限なき増大)、労働法(男女雇用機会均等法違反)、会社法(コンプライアンス違反、企業の社会的責任違反、内部統制違反)、国際法(世界人権宣言違反(全30条中24の条項に違反(違反率80%))、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約違反、市民的及び政治的権利に関する国際規約違反、児童の権利に関する条約違反)にも違反し、経済原則(税の公平性・中立性違反、経済活動の自由の侵害、不適正な資源配分・人員配置、利潤最大化・費用最小化に逆行、国内市場の縮小)、国際協調(外交問題、対外イメージの悪化)、自然の摂理(生物学的性差の否定、非婚・晩婚による少子化、高齢出産による奇形児、女嫌い(ミソジニー)、女性恐怖症(ジノフォビア)、異性に無関心)
にも反しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。