スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で日本の男性差別を訴える

情報発信力の強化と英語力の維持を兼ねて英語で日本の男性差別を告発してみました。時間の許す限り内容を少しづつ充実させていこうと思います。

男性総奴隷時代

男女共同参画社会の下、男性は、立法、行政、司法、マスコミによって二級市民どころか奴隷として扱われるようになりました。
これに呼応して、妻、娘、同級生、同僚まで男性を侮り、見下す傾向が強まっています。
女性の人権の拡張のため、男性は、労働権、生存権、幸福追求権、平等権、思想・良心の自由、苦役からの自由等が制限されていますが、政府、マスコミによって男性差別は存在しないこととされている状態が続いています。
これに抗議するため、男性は適切に怒る必要があります。
男女共同参画という名の男性差別・女性優遇に反対する者は、まだまだ圧倒的な人員と予算を握るフェミニスト、共産主義者達に比べると人員が限られているのが現状です。
まずは、男性への組織的な迫害に気づいた数千人の先駆者が組織的な抗議を行う必要があると考えます。
行動しなければ社会は変わりません。

Japanese men are slavery in modern era.

On the basis of equal rights of men and women, gender equality and feminism, Japanese men are treated as slavery rather than second-class citizen. Corresponding to this, a lot of wives, daughters, female classmates and coworkers despise and look down on men in Japan.
For women empowerment, Japanese men’s rights such as right to work, right to live, right of equality, right to pursuit of happiness, freedom of thought, freedom from slavery and due process of law are restricted in spite of the constitution of Japan. Discrimination against men is controlled as no existence at all by Japan government and mass media and the protests have been ignored by them.
For example, when men touch the woman’s thigh without consent, he is arrested, detained and fined or sentenced (sometimes grounded on only woman’s testimony without evidence) and his real name and domicile are reported all over the world by mass media. But when woman kill man or make her children starve to death, she is often granted a stay of execution and reported anonymously or not reported at all.
So many Japanese men are angry and indignant and protest through the internet, e-mail and so on.
But this movement is weak and limited comparing feminists and remnants of communists who have overwhelming personnel (about ten thousands) and budget (about $ 80 billion per annum !)
Japanese men should study the world movements such as NCFM (National Coalition For Men) and recognize rights and freedoms for men.

※上記文章は著作権フリー。(一部)転載可。
問い合わせ、抗議、宣伝等のために一部抜粋、削除、加筆修正等してご自由にご活用ください。日記、ブログ等にもご自由に転載等して結構です。拡散をお願いいたします。
情報拡散、理論武装、組織化が必要です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

banabanabo

Author:banabanabo
男性差別反対
男女共同参画反対
女性優遇反対
男女共同参画社会、男女共同参画計画は、問題だらけであり、憲法第11条(基本的人権の享有違反)、12条(女性の権利の濫用)、13条(幸福追求権違反、家庭を持つ権利の侵害、女性の自己決定権・生む権利・性的自由の濫用)、14条(平等原則違反、比例原則違反)、15条(公務員選定・罷免権の侵害)、18条(奴隷的拘束・苦役からの自由の侵害)、19条(思想・良心の自由の侵害)、20条(宗教の自由の侵害)、21条(表現・言論の自由の侵害、報道・放送・取材の自由の濫用、国民・父親の知る権利の侵害、メディアへのアクセス権の侵害、事前抑制の原則的禁止違反、明確性の原則違反)、22条(男性の職業選択の自由の侵害、営業の自由の侵害)、23条(学問・集会・結社の自由の濫用)、24条(両性の平等違反、父親の面接交渉権の侵害)、25条(男性・胎児の生存権の侵害)、26条(教育を受ける権利の侵害、教育権の濫用)、27条(勤労義務違反)、29条(男性の財産権、年金受給権の侵害)、30条(納税義務違反)、31条(適正手続きの保障違反)、32条(裁判を受ける権利の侵害)、37条(刑事被告人の公平な裁判を受ける権利の侵害)、38条(不利益供述の不強要・自白の証拠能力違反)、39条(二重処罰の禁止違反)、44条(選挙人の資格違反)、97条(基本的人権の本質違反)、98条(憲法の最高法規性違反)、94条(条例制定権違反)99条(公務員の憲法尊重擁護義務違反)に違反し、民法(信義則違反、禁反言の法理違反、公序良俗違反、不法行為)、刑法(疑わしきは被告人の利益にの原則違反、罪刑均衡の原則違反、罪刑法定主義違反、明確性の原則違反、詐欺罪、威力業務妨害罪)、刑事訴訟法(捜査権・逮捕権・公訴権の濫用)、行政法(説明責任違反、適正手続き違反、重大明白な瑕疵、裁量権の濫用、職務怠慢、行政監査・行政評価の機能不全、違法な公金支出、行政コストの際限なき増大)、労働法(男女雇用機会均等法違反)、会社法(コンプライアンス違反、企業の社会的責任違反、内部統制違反)、国際法(世界人権宣言違反(全30条中24の条項に違反(違反率80%))、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約違反、市民的及び政治的権利に関する国際規約違反、児童の権利に関する条約違反)にも違反し、経済原則(税の公平性・中立性違反、経済活動の自由の侵害、不適正な資源配分・人員配置、利潤最大化・費用最小化に逆行、国内市場の縮小)、国際協調(外交問題、対外イメージの悪化)、自然の摂理(生物学的性差の否定、非婚・晩婚による少子化、高齢出産による奇形児、女嫌い(ミソジニー)、女性恐怖症(ジノフォビア)、異性に無関心)
にも反しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。