スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性差別について(転載)

以下、日頃男性差別について発言されている鬼ノ目発進号様の文章の転載依頼への協力となります。
以下紹介


こういうことなのですけどね。

「YOU TUBE動画  お笑い日本の実態! 」
http://www.youtube.com/watch?v=R6cP05l5HWw&feature=PlayList&p=C7605D0588559B54&playnext_from=PL&playnext=1&index=19


女性は「自分達に優しくしてくれる人」なら、その人がどんな極悪人であろうと「優しい人」として見ますから、
その性質を利用されてしまっているわけですが、その裏にある「本当の目的」というのは、
もちろん「日本の女性を差別から開放する」ことでも「男女平等社会を作る」ことでもなく、
「韓国人と中国人が、日本を好きなように出来る体制を秘密裏に整えるためのカモフラージュ役」なわけですね。

要するに、本当の目的は「あと10年もすれば、日本なんて国はなくなっている」という言葉そのものです。
「男女共同参画」・「男女が手を取り合って」・「女性の社会進出」なんてのは、あくまで【建前・隠れ蓑】

まぁ、ウイグル地区の人みたいに「自分が強制的にレイプ+拷問+殺害される日」でも来ないと、
何が起こっているのか分からないのでしょうけどね、女性には・・・・・・まぁ仕方がないか、いまさら。。。
基本的に女性の性質としては「自分が経験したこと」・「自分の目で見たもの」・「利益ありきの情報交換」でしか
物事を計れないですから。その性質を都合の良い様に利用されている。その結果でもありますね、男性差別も。


上野千鶴子が言った

「この人たちは男女共同参画って法案が、どんなものか分かってるのかしらwww」


その答えは

「マスコミを用い、女性にとって都合が良く、且つ非道徳・非常識な報道を繰り返す事によって、
女性から良識道徳などの判断の基礎を奪い、風潮や文化文明を守ることが出来る男性を指して
【彼らは間違えし者だ】・【旧来社会の考えを持つ時代遅れな人だ】・【偏見の塊であるのだ】と
女性に対し「男性の言うことなんて真に受けてはいけないのだ!」と繰り返し洗脳することで、
男性からの「こら!目を覚ませ!」・「このままだと危ないぞ!」という言葉を全く聞こえなくさせ、
【こちらにおいで、もっと女性にとって良い国にしてあげるから】と常に甘い言葉で誘導すること」

≪それと同時に【女性が活躍する社会にとって相応しい法案】とか【差別がない国の方が良いですよね?】と
 女性も含めて弱者保護の大儀上での法案を作り、その法案の中に「外国の人を差別してはいけないから」
 「差別されるのはイヤだって、あなた達が一番よく分かってますよね?」と対象をどんどん拡大していく。
場合によっては【不法入国者の人権保護】も視野に入れておき「かわいそうな人だから」と洗脳しておく≫

≪【女性の社会進出=少子化になる】のは他国を見ても最初から「決定事項」なのは分かっている事なので、
 今度は少子化を理由に【外国人の移民が必要である。そのための体制を整えましょう!】という行動をとる。
 女性は【いまさら昔の様に子供を産み育てるのが当たり前の立場には戻りたくない】ので、それに反対しない≫


まさに「全て計算通り(^^)v 私達の大勝利♪」

って思ってるでしょうね・・・「海の向こうの日本嫌いの国々の人たち」は・・・

要するに、そのまんま「ヒトラー(女性に優しい国作りをしてあげる)+スターリン(女性の社会進出)」ですね。
女性に優しい言葉を掛けて、報道機関を使って意図した方向に誘導さえすれば、大きな国を1つ2つ潰すくらい、
独裁国家の1つ2つを作るくらい、民主国家の1つ2つを乗っ取るくらい、いとも簡単に出来ることですから。

パクリ商品はいつも劣化コピーなのに、こういうことは上手く真似できるのですねぇ。。。褒めてはいませんが・・・
これで男性の声と女性の良識を同時に半減できる・・・効果としては7000万人以上の声を失わせたも同然。


まぁ、乗っ取り終わった後は、日本女性は好きなだけ「レイプ+殺害」されるでしょうけど。。。
警察も「向こう側」ですから、在日によるレイプは取り締まらない~執行猶予扱い~不起訴扱いらしいですし。
何よりも「日本を乗っ取り終わったら、日本女性には【もう用はない】・・・ただの性処理の奴隷」なわけですから。
(そもそも相手は世界屈指のレイプ大国+使い終わったら虐殺+いらない人間を拷問する国なんでね・・・)

さてさて
日本女性が道徳と良識を取り戻して、現実を見て焦り、持ち味の集団の声の大きさで動いてくれるのが先か、
それとも男性の「反日勢力への批判の声」の方が、反日勢力よりも上回るのが先か・・・

まぁ、相手は「マスコミ・報道そのもの」なので男性の声の大きさだけでは普通に考えてムリですが・・・
反日勢力への地道な反対運動と、女性の道徳・良識の回復を同時進行で行わないと、非常に難しい話。
どちらか片方だけでは不可能に近い。。。だから女性に道徳・良識を取り戻してもらうことも重要項目になる。

その前に、こういう記事を書いている人間~反日勢力撲滅運動してる人を「人権擁護法案」で捕まえて、
お得意の「死因:心臓発作」で消すでしょうけど。ヤクザも深く関わってるらしいから「行方不明」もアリか。。。



はぁ~~~(--;
この先どうなることやら・・・・・・
とりあえず、出来る限り転載にご協力下さいませ。

正直言って、本当に「国が終わるか」・「それとも存続できるか」の瀬戸際でもあるので・・・

そして、ここまで国家のピンチを招く引き金になっておきながら
「私達は強くなったw進んでるぅ~」とか、未だに寝ぼけたことを言っている女性は、

いい加減に目を覚ましてください!

あなた達は国家乗っ取りのために騙されて利用されているんですよ!!!
女性に都合の良い事を言ってくれるのも「乗っ取るまでの間」・「釣った魚にエサはいらない」
その楽しい夢のような時間が終わった後にあなた達を待ってるのは、悪夢のような現実だけだと思いますけど?

(相手は世界一のレイプ国家と、人攫い~拷問~レイプ~そのまま殺害、まで何でもアリの国ですよ?
しかも「日本人は悪い奴だ!」と子供の頃から教育を受けている、言わば【日本嫌いのプロ】なわけで、
 いつまでも【日本の女性(嫌いな国の女)】に優しくし続けてくれると、本気で思っているのでしょうか・・・?)

シンデレラ気分でいられるのは、あと僅か・・・現実に引き戻された時に、あなた達は何を思うのでしょうね。
そういうことになってからでは遅すぎる。女性は被害を主張することが好きだが【起こったら、もう2度と戻せない】
ということも、いい加減に悟りましょう。まして、この件については、起こった後には絶望しか待っていません。
その上に1度起こったら、それを元に戻すことはもう2度と不可能です。

日本の女性は「どちらを選ぶのか?」で、完全に「行き先」が決まります。

あとから「あれは誤った決断でした」では済まない、
大袈裟でもなく一生後悔することになるような問題なので、
よくよく考えてもらいたいものです。


重要なことなので、もう一度いいますが、

本当に「国が終わるか」・「それとも存続できるか」の瀬戸際でもあるので
出来る限り転載にご協力下さいませ。

以上です。



※あくまでフェミニズムの影響下におかれている女性やフェミニズムを信奉・実践している組織、男女を批判しているものであり、女性一般までを批判しているものではありません。
※多くの方が反男女共同参画、反男性差別、反フェミニズムの運動に加わっているところです。ともに立ち上がり、男性差別のない社会を目指してがんばりましょう。ご協力をお願いいたします。


スポンサーサイト
プロフィール

banabanabo

Author:banabanabo
男性差別反対
男女共同参画反対
女性優遇反対
男女共同参画社会、男女共同参画計画は、問題だらけであり、憲法第11条(基本的人権の享有違反)、12条(女性の権利の濫用)、13条(幸福追求権違反、家庭を持つ権利の侵害、女性の自己決定権・生む権利・性的自由の濫用)、14条(平等原則違反、比例原則違反)、15条(公務員選定・罷免権の侵害)、18条(奴隷的拘束・苦役からの自由の侵害)、19条(思想・良心の自由の侵害)、20条(宗教の自由の侵害)、21条(表現・言論の自由の侵害、報道・放送・取材の自由の濫用、国民・父親の知る権利の侵害、メディアへのアクセス権の侵害、事前抑制の原則的禁止違反、明確性の原則違反)、22条(男性の職業選択の自由の侵害、営業の自由の侵害)、23条(学問・集会・結社の自由の濫用)、24条(両性の平等違反、父親の面接交渉権の侵害)、25条(男性・胎児の生存権の侵害)、26条(教育を受ける権利の侵害、教育権の濫用)、27条(勤労義務違反)、29条(男性の財産権、年金受給権の侵害)、30条(納税義務違反)、31条(適正手続きの保障違反)、32条(裁判を受ける権利の侵害)、37条(刑事被告人の公平な裁判を受ける権利の侵害)、38条(不利益供述の不強要・自白の証拠能力違反)、39条(二重処罰の禁止違反)、44条(選挙人の資格違反)、97条(基本的人権の本質違反)、98条(憲法の最高法規性違反)、94条(条例制定権違反)99条(公務員の憲法尊重擁護義務違反)に違反し、民法(信義則違反、禁反言の法理違反、公序良俗違反、不法行為)、刑法(疑わしきは被告人の利益にの原則違反、罪刑均衡の原則違反、罪刑法定主義違反、明確性の原則違反、詐欺罪、威力業務妨害罪)、刑事訴訟法(捜査権・逮捕権・公訴権の濫用)、行政法(説明責任違反、適正手続き違反、重大明白な瑕疵、裁量権の濫用、職務怠慢、行政監査・行政評価の機能不全、違法な公金支出、行政コストの際限なき増大)、労働法(男女雇用機会均等法違反)、会社法(コンプライアンス違反、企業の社会的責任違反、内部統制違反)、国際法(世界人権宣言違反(全30条中24の条項に違反(違反率80%))、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約違反、市民的及び政治的権利に関する国際規約違反、児童の権利に関する条約違反)にも違反し、経済原則(税の公平性・中立性違反、経済活動の自由の侵害、不適正な資源配分・人員配置、利潤最大化・費用最小化に逆行、国内市場の縮小)、国際協調(外交問題、対外イメージの悪化)、自然の摂理(生物学的性差の否定、非婚・晩婚による少子化、高齢出産による奇形児、女嫌い(ミソジニー)、女性恐怖症(ジノフォビア)、異性に無関心)
にも反しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。