スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミ偏向(事例追加)

2012年1月30日母親が娘を殺害する事件が発生しましたが、匿名報道でした。精神障害の疑いがあるとのことですが、他の事件の犯罪報道との兼ね合い、事件が社会に与える影響等から今一度実名報道の是非について問い直すべき時かと思われます。

「フリーライターの男逮捕 女児の尻触る」(産経新聞2012.1.1)
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120101/crm12010111010014-n1.htm
10歳の女子の尻をスカートの上から触ったとしてフリーライターの男(住所・実名・職業をさらす)が迷惑行為防止条例違反で福岡県警に逮捕されたとのことですが、本人は否定しているとのことです。

「女子中生のスカートめくり、暴行容疑で男逮捕」(産経新聞2012.1.4)
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010422160016-n1.htm
 女子中学生(15)の腕をつかみ、スカートをめくったとして、暴行容疑で男(住所・実名・職業をさらす)を逮捕したが、本人は一部否認しているという。

「児童ポルノ容疑で会社員逮捕」(産経新聞2012.1.5)
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120105/crm12010514130015-n1.htm
 自宅のパソコンでファイル共有ソフトを使い、ソフト利用者が誰でも閲覧できる状態で、少女のわいせつな動画を保存した疑いで男が逮捕(住所・実名・職業をさらす)されたとのことです。

一方、


校門前 小5刺され重傷、近くの35歳女逮捕…大阪・淀川(読売新聞2012.1.19)
ttp://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120119-OYO1T00171.htm?from=main2
 小学校前の路上で、下校中の小5男児(11)が近くにいた女に追いかけられて転倒、馬乗りになった女に出刃包丁切られ1か月の重傷。そばにいた職業不詳の女(35歳、匿名)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。(続報なし)
7か月長男抱え飛び降り、殺害した容疑で母逮捕(読売新聞2012.1.20)
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120120-OYT1T00626.htm
2011年7月20日午後、7か月の長男を抱えて、名古屋市の県営住宅の階段踊り場(高さ約6メートル)から飛び降り、長男を殺害したとして、清須市の女(29歳、匿名)を殺人の疑いで逮捕。(続報なし)

小6女児が腹刺され死亡、母親を逮捕(読売新聞2012.1.30)
ttp://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120130-OYO1T00796.htm?from=top
2012年1月30日午前1時頃、大阪府東大阪市で小学6年の女児(12)が腹を刺され、約2時間半後に病院で死亡が確認された。警察は近くにいた母親(37歳、匿名)を殺人容疑で逮捕。母親は精神病で入院暦があり、ネグレクト(育児放棄)の疑いで児童相談所が対応するなどしていたが、事件は防げなかった。




産経新聞、読売新聞は犯罪報道に関しては差別的で左翼がかっている。保守系メディアには、かなりフェミニズムが浸透しており、警戒する必要がある。
マスコミは、わが子を殺した母親はそもそも報道すらせず(しかも執行猶予の判決が多い。)、共犯者に男女がいても男性だけ代表として実名報道を行っている場合が多い。警察は、同じ犯罪をしても男性の場合は逮捕するのに、女性はそもそも任意同行すら求めない寛大な扱いをすることが多く、一方、女性が嫌がる事案は、あらゆる法令を駆使して簡単に男性を逮捕し、マスコミは批判するどころか嬉々として(たとえ容疑者が否認していても)それを住所(住所まで報道されること自体まれ)、実名、職業付きで報道する。女性の場合は、精神障害の疑いが少しでもあれば、凶悪犯罪で乳児、児童が被害者、殺害となっても匿名報道にし、男性の場合は、精神障害の疑いがあっても構わず実名報道する場合がある。確かに、これが事実なら許せないことではあるが、わざわざ他の凶悪犯罪を差し置いてしかも実名で報道することなのか。迷惑防止条例自体、あいまいな内容でその気になれば恣意的な逮捕をいくらでもできる問題の多い条例である。被害者をかわいそうと思うと同時に、加害者とされる人物の冤罪のおそれや他の犯罪の量刑相場とかけ離れた厳罰におかしいと思う視点も大事である。
(被害者だけでなく容疑者が身内だったらという事態を想像してみること。)


以下は、男性に比べ、女性に寛大な司法の判決の一例です。

【裁判】 乳児を殺害して遺体を車内に放置した母親に、執行猶予判決
ttp://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192111989/l50
【 乳児死体遺棄の母親に執行猶予判決 佐賀地裁 】
ttp://ime.nu/www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&blockId=801600&newsMode=article
【家裁】高校のトイレで男児出産→直後に男児死亡 殺人で家裁送致の少女に不処分の決定
ttp://ime.nu/sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080313/crm0803131714025-n1.htm
【裁判】 二男投げ死なせた母に執行猶予判決
ttp://ime.nu/www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20071217-296589.html
えい児殺害の母親に執行猶予付き判決 (2008年4月28日)
ttp://ime.nu/rkk.jp/cgi-bin/newscgi/localnews.cgi?id=NS003200804281137190111
嬰児殺害の母親に執行猶予 (2008年11月17日)
ttp://ime.nu/www.nhk.or.jp/mito/lnews/02.html
2児殺害の母に執行猶予 「同情禁じ得ない」広島高裁
ttp://ime.nu/sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081125/trl0811251125001-n1.htm
乳児死亡で母親に猶予判決 山口地裁、殺意認めず
ttp://ime.nu/sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090522/trl0905221908016-n1.htm
次女死なせた母に猶予判決 愛知
ttp://ime.nu/www.asahi.com/national/update/0715/NGY200907150034.html
双子死傷の母、猶予判決
ttp://ime.nu/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000934-yom-soci
生後8日の長女殺害、母親に保護観察付き執行猶予判決/横浜地裁
ttp://ime.nu/news.kanaloco.jp/localnews/article/1106100041/
「贖罪の道を」と執行猶予 赤ちゃん投げ落としの母に
ttp://ime.nu/www.iza.ne.jp/news/newsarticle/122472/
【裁判】 小1長女をカッターナイフで切りつける 母親に執行猶予判決…高松
ttp://ime.nu/www.ksb.co.jp/newsweb/indexnews.asp?id=25518
里子の直腸裂くほどの酷い虐待 女に執行猶予判決 大阪地裁
ttp://ime.nu/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101105-00000106-jij-soci
乳児放置で栄養失調…重体、母に猶予判決
ttp://ime.nu/sankei.jp.msn.com/affairs/trial/101222/trl1012221724013-n1.htm
自宅で冷凍、3乳児遺棄、母親に執行猶予
ttp://ime.nu/www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032400072
佐野の乳児死体遺棄 遺体から覚醒剤:母親に猶予判決-地裁支部 /栃木
ttp://ime.nu/mainichi.jp/area/tochigi/news/20110818ddlk09040098000c.html
【裁判】 赤ちゃんの頭に強い圧力かけて頭蓋骨折った25歳鬼畜母に、執行猶予判決
プロフィール

banabanabo

Author:banabanabo
男性差別反対
男女共同参画反対
女性優遇反対
男女共同参画社会、男女共同参画計画は、問題だらけであり、憲法第11条(基本的人権の享有違反)、12条(女性の権利の濫用)、13条(幸福追求権違反、家庭を持つ権利の侵害、女性の自己決定権・生む権利・性的自由の濫用)、14条(平等原則違反、比例原則違反)、15条(公務員選定・罷免権の侵害)、18条(奴隷的拘束・苦役からの自由の侵害)、19条(思想・良心の自由の侵害)、20条(宗教の自由の侵害)、21条(表現・言論の自由の侵害、報道・放送・取材の自由の濫用、国民・父親の知る権利の侵害、メディアへのアクセス権の侵害、事前抑制の原則的禁止違反、明確性の原則違反)、22条(男性の職業選択の自由の侵害、営業の自由の侵害)、23条(学問・集会・結社の自由の濫用)、24条(両性の平等違反、父親の面接交渉権の侵害)、25条(男性・胎児の生存権の侵害)、26条(教育を受ける権利の侵害、教育権の濫用)、27条(勤労義務違反)、29条(男性の財産権、年金受給権の侵害)、30条(納税義務違反)、31条(適正手続きの保障違反)、32条(裁判を受ける権利の侵害)、37条(刑事被告人の公平な裁判を受ける権利の侵害)、38条(不利益供述の不強要・自白の証拠能力違反)、39条(二重処罰の禁止違反)、44条(選挙人の資格違反)、97条(基本的人権の本質違反)、98条(憲法の最高法規性違反)、94条(条例制定権違反)99条(公務員の憲法尊重擁護義務違反)に違反し、民法(信義則違反、禁反言の法理違反、公序良俗違反、不法行為)、刑法(疑わしきは被告人の利益にの原則違反、罪刑均衡の原則違反、罪刑法定主義違反、明確性の原則違反、詐欺罪、威力業務妨害罪)、刑事訴訟法(捜査権・逮捕権・公訴権の濫用)、行政法(説明責任違反、適正手続き違反、重大明白な瑕疵、裁量権の濫用、職務怠慢、行政監査・行政評価の機能不全、違法な公金支出、行政コストの際限なき増大)、労働法(男女雇用機会均等法違反)、会社法(コンプライアンス違反、企業の社会的責任違反、内部統制違反)、国際法(世界人権宣言違反(全30条中24の条項に違反(違反率80%))、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約違反、市民的及び政治的権利に関する国際規約違反、児童の権利に関する条約違反)にも違反し、経済原則(税の公平性・中立性違反、経済活動の自由の侵害、不適正な資源配分・人員配置、利潤最大化・費用最小化に逆行、国内市場の縮小)、国際協調(外交問題、対外イメージの悪化)、自然の摂理(生物学的性差の否定、非婚・晩婚による少子化、高齢出産による奇形児、女嫌い(ミソジニー)、女性恐怖症(ジノフォビア)、異性に無関心)
にも反しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。